想像力の翼(「LIFE!」)

想像力の翼は、自分と誰かを比べるためにあるわけじゃない。
どこまでも自分を自由にして人生を楽しむためにあるんだ。
魂を解放すれば人はどこにだって行けるんだ。
どこにでも行ける。何にでもなれる。
それから
どこにも行かなくたっていい。
君はどこまでも君らしく。毎日を積み重ねればそれでいいんだ。
「正しい」っていう字は「一つのところに止まる」と書く。
君が君にしか出来ない役割を果たして、一つのところに止まって積み重ねていく毎日はそれだけで尊い。
どこに行っても、どこにも行かなくても、君らしい君が僕は好きだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です