ウォールフラワー

「無限」を感じるっていう台詞。
それは「永遠」とか「平等」とか、そういうもので出来ているのかも。
あの時期に僕達が体験したことは、もうそんなものが遠い昔のことだと言っていい筈なのに、それなのにまだ続いていると感じられる。
今それを体験している人と、過去に体験した人と、そしてこれから体験する人の未来にも等しく繋がっている。
自作のカセットも、二人で語り明かした夜も、拳の痛みも・・・。

「青春映画」という範疇ならば真逆のアプローチも可能なはずなのだけど
主人公の周りの人、友人、家族、教師・・・誰もが寛容で、謙虚さ、優しさを持った人であるのが
この映画の奥行きになっている。
国語の担任教師がいい。進級を前に来年以降のことを語り合う二人。見違えるほど自信と経験を身につけた生徒とハグをして、プロフェッショナルに徹したさりげない別れをしたあとの一瞬、彼が見せる何とも言えない満足げな表情。あれがたまらなくいい。

エマ・ワトソンもいい。
キャリアの中で“いま”しか演じることの出来ない役を演じ続けていることが彼女にとって最高の
幸運だと思うし、彼女はその幸運をしっかりモノにしている。
ポキリと折れてしまいそうな壊れやすさ、傷つきやすさを抱えていながら、決してウェットになり過ぎず、まるで母親のような包容力や、一人称が「僕」なのじゃないかと思えるような爽やかさも持っている。胸がギュッとなるような切なさ、一瞬の美しさがある。

「青春映画」なんてコーナーに並べられると気恥ずかしいのだけれど、でも
「ブレックファーストクラブ」「ヴァージンスーサイズ」「キッズリターン」「カップルズ」・・・
多分この映画も、その隣に並ぶ、大好きで大切な一本に加えられることになると思います。

Follow me!

ウォールフラワー” に対して1件のコメントがあります。

  1. ほーこ より:

    私もだいすきな一本です。

    1. sudara1120 より:

      ありがとうございます。
      誰もが、人生のこの一瞬にしか経験できない輝きをしっかり切り取ってくれていますよね。
      予告編からずっと楽しみにしていて、それは全く裏切られませんでした。
      何か印象に残っているシーンとか台詞とかありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です