「君が何かを感じたのなら、それがその映画の全てだ。」
静かにそう語ったキェシロフスキの決意を汲んで、彼の映画について、どこまでも深く、どこまでも自由に語り合いませんか。