「今はネットを探せば私が思っていることなど必ず誰かが書いているので敢えて私などが書き記す必要は無いですよ。」
ご本人は謙遜されて、そんな風におっしゃってましたが、それが本当かどうか、それこそ世界中の映画ファンがありとあらゆる言葉や思いを費やしてきた、この作品ならば一番ハッキリするのではないでしょうか。
数十年に渡る大作を自分の目で見て自分の言葉で語る人と、巷の評判(星の数とか点数とか)の後追いで差し障りのない批判や絶賛をしている人との違いは、同じ作品を見て、こちらを読んだ人なら、きっと分かるはずです。

ジョージ・ルーカスからディズニーへ

2000年を超えてからのディズニースタジオの躍進には目を見張るものがあります。それ以前のディズニーはと言えば、一時期は好調だったニュークラシック路線も陳腐化し、タッチストーンに頼...

詳しくはこちら

『フォースの覚醒』 J.J.エイブラムスの"復旧作業"

→ジョージ・ルーカスからディズニーへディズニーによる『スター・ウォーズ』の"建て直し"はそうした状況下で始まりましたが、再始動に向けた人選を見ても懸念...

詳しくはこちら

エイブラムスからライアン・ジョンソンへ

→『フォースの覚醒』 J.J.エイブラムスの”復旧作業”そんな惰性で続くだけのシリーズになりかけていた『スター・ウォーズ』に、唐突に"新たな希望"とも言える人...

詳しくはこちら

『最後のジェダイ』 ジョンソンによる"建て直し"の試み

→エイブラムスからライアン・ジョンソンへ彼の手になるスター・ウォーズ最新作、『エピソード8 / 最後のジェダイ』は、そうした期待に十分に応える傑作として登場してきました。「観客側...

詳しくはこちら

『最後のジェダイ』 ルーク・スカイウォーカー

→『最後のジェダイ』 ジョンソンによる”建て直し”の試みそうした姿勢が最も顕著に表れるのが、新シリーズの主人公レイにとっては導師であり、旧シリーズにおける我らが主人公、ルーク・ス...

詳しくはこちら

『最後のジェダイ』 全てが物語に奉仕する

→『最後のジェダイ』 ルーク・スカイウォーカーそうした物語の深みに釣り合う様に、映像もシリーズ最高の絢爛さを見せてくれます。ジョンソン監督は以前インタビューで「物語がヘビーなので...

詳しくはこちら

結び

→『最後のジェダイ』 全てが物語に奉仕する『最後のジェダイ』の物語が終わった時、観客は今見た映画が『エピソード5 / 帝国の逆襲』のみならず、『エピソード6 / ジェダイの帰還』...

詳しくはこちら