博学や見識を少しも誇らない謙虚な人。人生と芸術の楽しみ方を熟知している自由人。
ヤマさんは、映画を見せることや、映画が好きな人同士が交流することにも真摯に関ってこられました。無限にあると思われる映画の引き出しと、それから句読点を一切挟まない超長文で綴られる映画日誌が圧巻です。

ヤマさんの映画日誌
「間借り人の映画日誌」はこちら