カメラを止めるな!

僕にとっては父と娘の話でした。
娘にカッコいい所を見せたいけれど、仕事は妥協の連続で、だけど自分を奮い立たせてくれるのはいつも娘で、家族で。
プロフェッショナルの矜持。たった一つの譲れない使命。
よくある「パパを見直す娘」のプロットではなく、娘自身が即座にそれらを共有し、参戦するのが新しい、清々しい。いつの間にかお揃いのTシャツを着て、助監督の助監督になっている娘が僕には眩しく映りました。誇らしく映りました。

もう一人、忘れてはならないのは気弱でアルコール依存な役者、細田。
彼もまた娘のために仕事にしがみついて、しがみついて、頑張っている父親でした。だから監督は絶対に彼のことを切り捨てないし、彼は監督のために最後の最後まで体を張るし。
二人の父親が苦笑いをしながら「パパ、カッコ悪くてごめんな。」と娘の前で言う姿が僕には浮かびました。それこそがカッコいい!

久し振りに娘たちを肩車したくなりました。

Follow me!

カメラを止めるな!” に対して1件のコメントがあります。

  1. このあいだ久しぶりに会った地元の同級生 より:

    キャラがみーんな立ってたね。面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です