「二人の女性の絆」といえば?(「バウンド」「バタフライ・キス」「月の瞳」)

「テルマ&ルイーズ」未見の僕としては、一番に挙げたいのが

「バウンド」

めくれ上がった唇がワイルドなジーナ・ガーションと、鼻にかかった舌っ足らずな喋り方がいかにも愛人風のジェニファー・ティリー。どこまでもしぶとい爬虫類系のマフィアを手玉にとったのは最後まで揺らぐことの無かった二人の絆でした。
 
もう1本はマイケル・ウィンターボトムの「バタフライ・キス」。こちらは一見正反対に見える二人の女性の組み合わせ。
ウィンターボトムならではの厳しさで、僕は正直もう一度見る勇気が持てませんが、それでも二人の女性が惹かれ合い、通じ合い、求め合う純粋さには圧倒的な力がありました。

それから20年位前に劇場で一度見たきりだけど「月の瞳」も、もう一度見返してみたくなりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です